【茨城県職員】柳田洋一の顔画像は? 飲酒運転? 茨城県は緊急会見… 柳田容疑者のFacebook、プロフィール紹介!

8月13日、茨城県土浦市高岡の国道で、酒に酔った状態で、乗用車を運転し別の車に追突したとして酒酔い運転の容疑で、茨城県職員の柳田洋一容疑者(59)が現行犯逮捕されました。

 

 

今回は、柳田洋一容疑者の顔写真やFacebook、勤務先、茨城県の記者会見の内容、事故当時の状況、事故現場の情報について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

事件の概要

2019年8月13日、茨城県土浦市高岡の国道で、酒に酔った状態で、乗用車を運転し別の車に追突したとして酒酔い運転の容疑で、茨城県職員の柳田洋一容疑者(59)が現行犯逮捕されました。

 

 

事件の詳細は…

 茨城県警土浦署は13日、道交法違反(酒酔い運転)の容疑で同県霞ケ浦北浦水産事務所の技佐、柳田洋一容疑者(59)=水戸市双葉台=を現行犯逮捕した。飲酒運転については否認している。

 逮捕容疑は同日午後4時55分ごろ、土浦市高岡の国道125号で、酒に酔った状態で、乗用車を運転したとしている。その後信号待ちをしていた別の乗用車に追突した。

 県は14日、緊急の記者会見を開き、農林水産部の関山敏次長らが「県の信用を失墜したことについておわびする」と謝罪した。県は同日、全職員にメールなどでこの事故を知らせ、再発防止へ向けて注意喚起した。今後、県としても事実関係を調査したうえで処分などを検討するとしている。

 同部によると、柳田容疑者は県内の漁業区域や期間、人員の調整といった業務を担当しており、13日から夏季休暇を取得していた。技佐は課長相当のポストに当たり、普段の勤務態度は真面目で、周囲からの信頼も厚かったという。

出典:産経ニュース

 

今回は、茨城県の職員の飲酒運転です…

またか…といった感じですね。

 

茨城県は、柳田容疑者が逮捕された次の日には、緊急に記者会見を開き、謝罪しました。

素早い対応ですね。

今回逮捕された、柳田容疑者は、飲酒運転については容疑を否認していますので今後の取り調べが気になりますね。

 

スポンサーリンク
 

柳田洋一 プロフィール

今回逮捕された、柳田洋一容疑者のプロフィールについてまとめてみました。

 

名前 柳田 洋一

年齢 59歳

職業 茨城県霞ケ浦北浦水産事務所の技佐

住所 水戸市双葉台

2019年8月13日、茨城県土浦市高岡の国道で、酒に酔った状態で、乗用車を運転し別の車に追突したとして酒酔い運転の容疑で現行犯逮捕。

飲酒運転については、容疑を否認しています。

 

また、こちらで柳田容疑者のFacebookアカウントを検索したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておきますので、気になる方はこちらから検索してみてください。

→ 柳田洋一容疑者のFacebook検索結果はこちら。

こちらの内容は、分かり次第加筆させていただきます。

 

 

 

 

 

柳田洋一 顔写真は?

※写真についてはイメージです。

 

柳田洋一容疑者の顔写真についてですが、公開されているのでしょうか。

こちらで調査したところ、顔写真については紹介されていませんでした。

 

こちらの内容についても、分かり次第加筆させていただきます。

 

 

スポンサーリンク
 

 

勤務先は?

今回逮捕された、柳田洋一容疑者の勤務先は、茨城県の職員ということです。

詳しくは、茨城県霞ケ浦北浦水産事務所の技佐ということ。

 

事件の詳細にあったように、柳田容疑者は県内の漁業区域や期間、人員の調整といった業務を担当しているということです。

また、技佐というのは課長相当のポストに当たるということです。

柳田容疑者の普段の勤務態度は真面目で、周囲からの信頼も厚かったといいます。

 

柳田容疑者が、茨城県の職員ということで、茨城県は逮捕翌日に緊急会見を開きました。

県としてはとても速い対応ですね。

 

 

 

 

 

緊急記者会見の内容

茨城県は今回の事件を受けて、柳田洋一容疑者が逮捕された翌日の8月14日、緊急の記者会見を開きました。

茨城県は会見で、今回の事件について県の信用を失墜したことについて謝罪しました。

また、茨城県は、県の全職員にメール等で事件について周知し、再発防止へ向けて注意喚起を促したということです。

そして、柳田容疑者本人は否認していることもありますので、県としても事実確認を調査したうえで、処分については検討するということです。

 

県としてこの素早い対応は、素晴らしいですね。

 

スポンサーリンク
 

 

事故当時の状況

ここで、事故当時はどのような状況だったのでしょうか?

 

事故は、13日午後4時55分ごろ、土浦市高岡の国道125号で起きました。

柳田容疑者は、酒に酔った状態で、乗用車を運転したとみられています。

 

そして柳田容疑者が運転する車が、信号待ちをしていた別の乗用車に追突しました。

 

その後、駆け付けた警察官が柳田容疑者の呼気を検査したところ、基準値を上回るアルコールが検出されたため、緊急逮捕になりました。

 

今回の容疑は、酒酔い運転なので、明らかにお酒を飲んだということが分かる状態だったのでしょう…

酒酔い運転は、酒気帯び運転よりも罰則、処分が重くなっています。

 

しかし、柳田容疑者は、飲酒運転については、容疑を否認しています。

幸い、けが人はいませんでした。 

 

 

 

 

 

事故現場

今回の事件現場は、茨城県土浦市高岡でした。

こちらになります。

 

 

スポンサーリンク
 

ネットの反応

 

最後に、ネットの反応についてこちらにまとめました。

 

『多分この年で夕方に飲酒運転してるなら普通に普段からアルコール問題を抱えていたと思う。

 たまたま捕まっただけでしょっちゅうしていたのでは?!

 この盆休みも昼間に検問やったらBBQ帰りの車から相当数の逮捕者が出ると思う。』

『同じ「飲酒運転」であっても、極めて悪質が故に「酒酔い運転」が適用されたものと思われます。

 怪我人が出なかったのは奇跡的なのであり、実刑に処されて相当です。』

『公務員という立場も有りますが、実名報道された事は飲酒運転に対する取り組みとして良いと思います。

 一般企業も実名報道されたら不名誉なのでクビになるでしょう。』

このようなコメントが多くありました。

確かに、最近飲酒運転の報道については、実名報道されるのが当たり前になってきました。

それでもなかなか無くならないのが現状にあります…。

 

お盆の時期なので羽目を外してしまったのでしょうか。

事故を起こしてからでは遅いので、お酒を飲んだら絶対に車を運転しないようにしましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です