【鈴鹿8耐】優勝はカワサキ! 出場チームについても紹介

7月26~28日、2019年鈴鹿8時間耐久ロードレースが行われ、カワサキレーシングチームが悲願の優勝

5連覇をかけたヤマハレーシングチームは2位という結果に。

 

 

ここでは、鈴鹿8耐の様子と、出場チームについて紹介します。

 

スポンサーリンク
 

鈴鹿8耐の概要

引用:https://response.jp

バイクに興味のない人にとっては、そもそも何…?という人が多いと思います。

そこで、まずは簡単に紹介したいと思います。

 

鈴鹿8耐とは、鈴鹿8時間耐久ロードレースの通称で、FIM世界耐久選手権シリーズとして毎年夏に三重県の鈴鹿サーキットで開催される日本最大のオートバイレース

その名の通り、オートバイによる8時間の耐久レースです。

1チーム、2〜3名で構成され、8時間でどれだけ走れるかを競います。

8時間が経過した時点で最も多くの周回を走ったチームの勝ちとなります。

カワサキやスズキ、ホンダなど、みなさんご存じのメーカーがたくさん出場していますよ。

 

決勝は毎年7月末の日曜日に開催

その前に行われる予選や前夜祭を含めると、計4日間の大会となります。

特に前夜祭は毎年さまざまなイベントが企画され、お祭り騒ぎで夏の風物詩となっています。

バイクに興味がない人でも楽しめるイベントではないでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

2019鈴鹿8耐 結果

引用:https://www.as-web.jp

2018-2019 FIM世界耐久選手権(EWC)最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会が行われました。

優勝は、『Kawasaki Racing Team Suzuka 8H』!

5連覇をかけて臨んだヤマハのファクトリーチーム『YAMAHA FACTORY RACING TEAM』は2位という結果に。

 

今年は、カワサキ、ヤマハ、ホンダによる三つ巴の戦いとなりました。

残り1時間となった時点では、ホンダがトップ。

カワサキとヤマハは10秒以内の差で追っていました。

最後のピットストップを済ませた時点で、トップのホンダの直後にカワサキ、ヤマハは20秒以上引き離されました。

しかし、ホンダが失速、カワサキがトップに

そのまま後続を大きく引き離し、ファイナルラップに突入。

ところが、なんとこのラップでカワサキが転倒…

これで赤旗中断となり、チェッカフラッグが振られることなく決勝レースが終了した。

 

当初、発表された暫定結果では、YAMAHA FACTORY RACING TEAMが優勝。

表彰式でもYAMAHA FACTORY RACING TEAMがポディウムの一番高いところに上りました。

しかしその後の『最新の暫定結果』で、Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hが優勝ということになりました。

 

そして、モビリティランドは7月29日、鈴鹿8時間耐久ロードレース決勝の正式結果を発表!

28日(日)の決勝レース後、21時30分すぎに出された暫定結果改訂版から順位変動はなく、Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hの優勝が確定しました。

カワサキは、26年ぶりの優勝を手にしました。

 

スポンサーリンク
 

出場チーム

引用:https://response.jp

 

そもそも、鈴鹿8耐に出場できるのは、70チームです。

ここでは、今年出場した上位10チームだけ紹介します。

1  No. 10 Kawasaki Racing Team          216周
2  No. 21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM       216周
3  No. 33 Red Bull Honda             216周
4  No. 1 F.C.C. TSR Honda France           215周
5  No. 12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING      215周
6  No. 7 YART-YAMAHA               214周
7  No. 634 MuSASHi RT HARC-PRO.Honda      213周
8  No. 95 S-PULSE DREAM RACING・IAI         211周
9  No. 19 KYB MORIWAKI RACING          211周
10 No. 72 Honda Dream RT SAKURAI HONDA   211周

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

ここでは、鈴鹿8耐について紹介してきました。

 

今年は、台風の影響もあり一部イベントが中止となりました。

また、来年はオリンピックの開催もあり、鈴鹿8耐の決勝は7月19日開催となりました。

皆さんぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です