【死去】スカッグス投手と大谷選手の関係性は? 2人のプロフィールも紹介

2019年7月1日(日本時間2日)、エンゼルス大谷翔平選手の同僚スカッグス投手が遠征先のホテルの部屋(テキサス州)で死亡が確認されました。

27歳でした。

同日アーリントンで予定されていたレンジャーズ戦は中止となりました。

 

 

ここでは、大谷選手とスカッグス投手の関係性、プロフィールについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク
 

スカッグス投手の死去

引用:https://news.nifty.com

 

大谷翔平選手の同僚タイラー・スカッグス投手が遠征先のテキサス州のホテルで死亡が確認されました。

27歳でした。

詳しい死因などは公表されておらず、同日アーリントンで予定されていたレンジャーズ戦は中止となりました。

スカッグス投手はエンゼルスの先発ローテの中軸を担っており、突然の悲報となりました。

地元警察によると、7月1日午後2時18分遠征先のホテルで発見。

反応がなくその場で死亡を確認。事件性はないとみられますが、捜査は継続すると発表されました。

 

 

 

 

 

大谷選手とスカッグス投手の関係性

引用:https://www.nikkansports.com

スカッグス投手は大谷選手がエンゼルスに移籍した17年12月から同僚となりました。

気になる大谷選手とスカッグス投手の関係性は…

大谷選手の通訳・水原一平氏は、自身のインスタグラムに、大谷選手がエンゼルスに移籍した時のスカッグス投手の歓迎の様子を初投稿。

スカッグス投手は、大谷翔平選手と通訳の水原さんを両手を広げて歓迎してくれたそうです。

大谷選手も、後日、試合後のインタビューで、スカッグス投手が、最初から声をかけてくれたおかげで球団に入りやすく、お兄ちゃんみたいな存在だったと答えています。

また、大谷選手は、後日スカッグス投手について、ご冥福をお祈りするコメントを発表しました。

このように、スカッグス投手は大谷選手を歓迎しサポートしていたようです。

また、大谷選手はスカッグス投手をお兄ちゃんのように慕っていたのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク
 

スカッグス投手・プロフィール

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

タイラー・スカッグス

アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンタモニカ出身のプロ野球選手。左投げ左打ち。

1991年7月13日

193センチ

102キロ

サンタモニカ高校から09年にドラフト1巡目(全体40位)でエンゼルスに入団

10年 トレードでダイヤモンドバックスへ移籍

12年 にマイアミ・マリーンズ戦でメジャーデビュー、7回途中を2失点で初登板初勝利を挙げる。

14年にエンゼルスに復帰

同年8月に左肘を手術し15年は全て欠場。

昨季自己最多8勝(10敗)を挙げ、今季はここまで7勝7敗、防御率4.29

メジャー通算96試合28勝38敗、防御率4.41。

16年にカーリー夫人と結婚

背番号:37(2012-2013年)、45(2014-)

 

 

 

大谷翔平選手・プロフィール

引用:https://news.nifty.com

大谷翔平

岩手県奥州市出身のプロ野球選手

右投げ左打ち

生年月日 1994年7月5日

身長       193センチ、

体重       95キロ。

投手と打者を本格的に両立する二刀流

165㎞/hの日本人最速記録保持者。

花巻東高校から12年 北海道日本ハムファイターズに入団。

14年 にはNPB史上初となる「2桁勝利・2桁本塁打」(11勝10本塁打)を達成。

15年 には最優秀防御率、最多勝利、最高勝率の投手タイトルを獲得。

16年 にはNPB史上初の「2桁勝利・100安打・20本塁打」を達成、日本ハムのリーグ優勝と日本一に貢献した。

17年12月エンゼルスと契約合意に至ったと発表されマイナー契約を結んだ。

18年3月にはメジャー契約を結び同年ア・リーグ最優秀新人選手賞(新人王)に選ばれた。

19年 にはMLBにおいて日本人初のサイクルヒットを達成した。

背番号:11(2013-2017年 ファイターズ)、17(2018年- エンゼルス)

 

 

エンゼルスの成績

引用:https://full-count.jp

エンゼルスの最近の成績

昨年の2018年は、開幕16試合で13勝3敗(球団新記録という好成績を挙げる好スタートを切るも、故障者続出もあり地区4位と低迷しポストシーズン進出を逃しました

昨シーズンは80勝82敗で終了しました。

今シーズンに期待したいですね。

 

 

スポンサーリンク
 

まとめ

この記事では、スカッグス投手の死去、大谷選手との関係性、プロフィールについて紹介してきました。

スカッグス投手のご冥福をお祈りいたします。

また、大谷翔平選手の今後の活躍を期待したいと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です