久保建英 レアルデビュー! 試合内容は? プロフィールについても紹介

久保建英選手は、インターナショナルチャンピオンズカップ初戦、現地時間7月20日、アメリカのヒューストンで【マドリー】の一員として実戦デビューを果たしました。

バイエルン・ミュンヘン戦、後半45分間の出場となりました。

 

 

ここでは、久保建英選手のデビュー戦の内容、プロフィールにについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク
 

レアルデビュー!

引用:https://qoly.jp

インターナショナルチャンピオンズカップ初戦

久保建英選手は、現地時間7月20日、アメリカのヒューストンで名門レアル・マドリードの一員として実戦デビューとなりました。

レアル・マドリードの一員としてピッチに立つのは、日本人で初めてです。

久保選手は、後半45分間に出場しました。

 

 

 

試合内容

引用:https://news.livedoor.com

久保選手は、後半から出場

注目の最初のプレーは、キックオフ直後

ハーフウェーラインから入った縦パスに反応

瞬間的に相手2人に囲まれるも巧みな足技でかわし、そのまま左サイドを駆け上がり、クロス

これは相手GKにキャッチされ、得点とはなりませんでしたが、いきなり観客を沸かせました

 

久保選手は、時に下がりながらパスを受け、冷静なタッチでボールを回し、後半17分には敵陣中央でボールを受け、スルーパスでチャンスを作りました

しかし、惜しくもゴールとはなりませんでした

その後、相手チームに1点を許し3点差となったレアルでしたが、後半39分に新加入MFロドリゴがフリーキックを決めて2点差に

 

結局チームは、1-3で負けたものの、久保選手は、圧倒的な存在感を示しました

記念すべきデビュー戦は勝利で飾ることはできませんでしたが、確実に大きな一歩を踏み出しました。

 

スポンサーリンク
 

 

所属チーム

引用:https://qoly.jp

久保建英選手は、FC東京から、2019年6月14日、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)のレアル・マドリードへ移籍する事が発表されました。

通称はレアル・マドリード(Real Madrid)

正式には、レアル・マドリード・クラブ・デ・フットボール(西: Real Madrid Club de Fútbol)

スペインのマドリードをホームタウンとするスポーツクラブである。

サッカー部門ではスペイン国内のプロサッカーリーグであるリーガ・エスパニョーラに加盟している。

 

 

 

プロフィール

引用:https://qoly.jp

久保 建英 (くぼ たけふさ)

神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。(日本代表)

生年月日 2001年6月4日(18歳

身長 173cm

体重 68kg

リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード・カスティージャ所属。

ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。

 

久保選手は、3歳の時サッカーをはじめました

小学校3年生の時に、川崎フロンターレの下部組織に入団。

その後、2011年8月、FCバルセロナの下部組織カンテラの入団テストに合格し、スペインへ

しかし、FCバルセロナの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反により久保選手の公式戦出場停止処分が続きました。

 

2015年3月、日本に帰国してFC東京の下部組織に入団しました。

順調に活躍し、2017年11月1日には、FC東京とプロ契約を結びました

2018年8月16日、横浜F・マリノスへの期限付き移籍するも、2019年、FC東京に復帰しました。

そして、2019年6月14日、レアル・マドリードへの移籍が発表され、今回のデビュー戦へと至りました。

 

スポンサーリンク
 

まとめ

ここでは、久保建英選手のレアルデビュー戦、プロフィールについて紹介しました。

このデビュー戦に、地元紙も高く評価しており、これからが楽しみな選手です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です