【バイクに気付かなかった】金谷英生の顔写真は? 直進のバイクに右折車が衝突… 見通しは? 金谷容疑者のFacebook、プロフィール紹介!

10月1日午後10時半ごろ、愛知県一宮市神戸町の信号のない交差点で、右折しようとした乗用車が直進してきた大型バイクに衝突。過失運転致傷の現行犯で、乗用車を運転していた会社員・金谷英生容疑者(48)が逮捕されました。

 

 

今回は、金谷英生容疑者の顔写真やFacebook、事故当時の様子、事故現場の情報について紹介していきます。

 

スポンサーリンク
 

 

事故の概要

 

2019年10月1日午後10時半ごろ、愛知県一宮市神戸町の信号のない交差点で、右折しようとした乗用車が直進してきた大型バイクに衝突。過失運転致傷の現行犯で、乗用車を運転していた会社員・金谷英生容疑者(48)が逮捕されました。

 

事故の詳細は…

 1日夜遅く、愛知県一宮市で乗用車がバイクに衝突し、バイクを運転していた男性が死亡しました。

 1日午後10時半ごろ、愛知県一宮市神戸町の信号のない交差点で、右折しようとした乗用車が直進してきた大型バイクに衝突しました。

この事故で、バイクを運転していた小牧市の非常勤講師・成瀬庸祐さん(34)が病院に運ばれましたが、出血性ショックで間もなく死亡しました。

 警察は乗用車を運転していた会社員・金谷英生容疑者(48)を過失運転致傷の現行犯で逮捕していて、調べに対し、金谷容疑者は「バイクに気づかなかった」と話しているということです。

出典:東海テレビ

バイクに乗られる方は他人事とは思えないニュースなのではないでしょうか。

夜間、直進してくるバイクに気づかないということはあるのでしょうか…

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

 

金谷英生 プロフィール

出典:東海テレビ

 

今回逮捕された、金谷英生容疑者のプロフィールについてまとめてみました。

 

名前 金谷 英生(かなたに ひでお)

年齢 48歳 逮捕時

職業 会社員

2019年10月1日午後10時半ごろ、愛知県一宮市神戸町の信号のない交差点で、右折しようとした乗用車が直進してきた大型バイクに衝突。過失運転致傷の現行犯で逮捕。

 

また、こちらで金谷英生容疑者のFacebookアカウントを検索したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておきますので、気になる方はこちらから検索してみてください。

→ 金谷英生容疑者のFacebook検索結果はこちら。

 

こちらの内容は、分かり次第加筆させていただきます。

 

スポンサーリンク
 

 

 

金谷英生 顔写真は?

金谷英生容疑者の顔写真についてですが、公開されているのでしょうか。

こちらで調査したところ、顔写真については紹介されていませんでした。

 

こちらの内容についても、分かり次第加筆させていただきます。

 

 

 

 

事故当時の様子

 

事故当時の様子はというと…

 

事故は10月1日午後10時半ごろ。

時間帯的に周囲は暗い状況だったのしょう。

出典:東海テレビ

 

事故現場は、写真で分かる通り見通しがいいですね。

ただ、信号はないようです。

 

ここで、直進してきたバイクと、右折しようとした乗用車が衝突しました。

金谷容疑者は、『バイクに気付かなかった』と供述。

夜間、見通しのいい直線で、対向してくるバイクに気づかないということがあるのでしょうか?

 

出典:東海テレビ

 

乗用車もバイクも損傷が激しいですね。

どのくらいのスピードで衝突したかは分かりませんが、相当な衝撃だったことでしょう。

 

バイクを運転していた、成瀬庸祐さん(34)は亡くなられたということです。

ご冥福をお祈りいたします。

 

このような事故が1件でもなくなることを願うばかりです。

 

 

 

事故現場

 

今回の事故現場は、愛知県一宮市神戸町でした。

こちらになります。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

ネットの反応

 

最後に、ネットの反応についてこちらにまとめました。

 

大型バイクと右折車の衝突事故をまともに目撃した事があります。バイクとライダーは宙を舞い、ヘルメットも吹っ飛んで悲惨な事故でした。

 私もバイクに乗りますが、右直事故はもちろん、巻き込み出合頭など危険はそこら中にあります。明日は我が身と常に注意しています。

 亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

『今回の場合、気付かなかったと言う独り言は兎も角、右折した者が100%悪い。右折車には義務が課せられている確認を怠れば、当然の結果として衝突して終う。また日中なら未だしも、夜間だけに気付かない事は100%有り得ない。恐らくは、気付いては居たが、何とか曲がれると踏んで右折を強行したのだろう。最近はバイクにもドラレコを装着している者も多い。今回の被害者はどうなのかは判らないが、特にバイクに乗る者は、死人に口なしを防ぐ上からも、是非ドラレコを装着して貰いたい。また、国や県や市町村に於いても、出来る範囲で交差点に監視カメラの設置を願いたいものだ。

『私は2輪、4輪両方に乗ります。ゆえにどちら側の言い分や気持ちを理解しているつもりです。右直事故は右折側がじっくり直進車が通りすぎるのを待ってから若しくは右折矢印になるのを待ってから動けば相当数事故は防げると思うんです。2輪乗車で私は余程の事が無い限り信号待ちは4輪の後ろで待ちすり抜けはしませんし4輪の死角に入らない様にしています。言いたい事や誤解が色々とある様ですがそんな事をいくら議論しても特に2輪に乗らない人が多いのですから理解するのは難しいでしょう。要は想像力(最近これが欠けている)をしっかり働かせて安全な「間」を待ってから動き出せば良いと思います。相手が法定速度超過なんて日常の事じゃないですか。そんな事を互いに言い合っても解決しないと思いますよ。想像力、予想力を働かせて最悪の事態を回避すれば良いと思ってます。それと2輪の人はぜひドラレコを装備して理不尽な事故原因にされない様に・・

 

バイクに乗る者としては、ドキッとさせられるニュースですね。

直進するときは確かに油断している自分がいます。

常にこちらに曲がってくるかもということは意識していなければいけませんね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です