【女児誘拐】伊藤仁士の顔写真は? 大阪で行方不明の女の子、栃木で無事保護! 別の女の子は茨城の中学生! 伊藤容疑者のFacebook、プロフィール紹介!

11月23日、今月17日に大阪で行方不明になった女の子が保護された事件で、栃木県小山市に住む職業不詳・伊藤仁士容疑者(35)が緊急逮捕されました。

女の子が無事で何よりでした。

 

 

今回は、伊藤仁士容疑者の顔写真やFacebook、犯行動機、事件現場の情報について紹介していきます。

 

スポンサーリンク
 

 

事件の概要

 

事件の詳細は…

 大阪で小学生の女の子が行方不明になり、保護された事件で、逮捕された男が「誘拐したつもりはない」と容疑を否認しています。

 未成年者誘拐の疑いで緊急逮捕されたのは、栃木県小山市に住む職業不詳・伊藤仁士容疑者(35)です。大阪府警によりますと、伊藤容疑者は今月10日ごろ、SNSを通じて、赤坂彩葉さんに対して「半年ぐらい前に来た女の子がいる。しゃべり相手になってほしい。うちに来ない?」という内容のメッセージを送ったということです。そして、行方不明になった17日の午前10時半ごろ、大阪市住吉区の彩葉さんの自宅近くの公園に誘い出しました。その後、在来線を乗り継いで、栃木県の自宅に連れ込み、スマートフォンを取り上げたということです。伊藤容疑者は「彩葉さんという女の子を両親の承諾なく私の家まで連れて帰りました。でも、誘拐したつもりはありません」と容疑を否認しているということです。警察は、伊藤容疑者と一緒にいた15歳の少女も保護していて、今後、彩葉さんと少女を自宅に連れ込んだ動機や生活の実態などを詳しく調べる方針です。

出典:ANN

伊藤容疑者の部屋には、もう一人15歳の女の子がいたということですね。

誘拐の目的は一体何だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

伊藤仁士 プロフィール

出典:ANN

今回逮捕された、伊藤仁士容疑者のプロフィールについてまとめてみました。

 

名前 伊藤 仁士(いとう ひとし)

年齢 35歳 逮捕時

住所 栃木県小山市

職業 不詳

11月23日、今月17日に大阪で行方不明になった女の子が保護された事件で、未成年者誘拐の疑いで、緊急逮捕。

容疑については、否認しています

 

また、こちらで伊藤仁士容疑者のFacebookアカウントを検索したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておきますので、気になる方はこちらから検索してみてください。

→ 伊藤仁士容疑者のFacebook検索結果はこちら。

 

こちらの内容は、分かり次第加筆させていただきます。

 

スポンサーリンク
 

 

 

伊藤仁士 顔写真は?

 

伊藤仁士容疑者の顔写真についてですが、公開されているのでしょうか。

こちらで調査したところ、紹介されていました。

こちらになります。

出典:ANN

伊藤容疑者の中学時代の写真ということです。

伊藤容疑者は、中学時代剣道部に所属し、成績優秀だったということです。

さらに無口で、あだ名は幽霊だったとのこと。

真面目な好青年に見えますが…

 

 

 

犯行動機は?

出典:ANN

今回逮捕された伊藤容疑者は、誘拐については容疑を否認。

犯行動機についても明らかにされていません。

 

誘拐の目的といったら、ふつうは身代金目的や性的なものがほとんどですよね。

一体何が目的だったのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

赤坂彩葉さん

出典:ANN

今回保護されたのは、大阪に住む赤坂彩葉さん、小学6年生ということです。

 

彩葉さんは、保護された際

男の家から逃げてきた

もう一人女の子が男の家にいる」と証言。

 

知らない男の人の家で、知らない女の子と3人…

とても怖かったことでしょう。

とりあえずは、無事に保護されてよかったです。

 

 

SNSで知り合う

出典:ANN

大阪の小学生と、栃木県小山市に住む35歳の男。

2人はSNSを通して知り合ったということです。

 

伊藤容疑者は、「半年ぐらい前に来た女の子がいる。しゃべり相手になってほしい。うちに来ない?」とメッセージ。

大阪市住吉区に住む彩葉さんを、自宅近くの公園に誘い出したとのこと。

伊藤容疑者は栃木県小山市ということですので、大阪まで彩葉さんを迎えに行ったということでしょう。

なぜそこまでして誘拐する必要があったのでしょう。

 

スポンサーリンク
 

別の15歳の女の子も保護

出典:ANN

彩葉さんとは別に、15歳の女の子も保護されたということ。

この女の子は、今年6月から行方不明になっていた茨城県の中学生だということです。

およそ半年も伊藤容疑者に監禁されていたということになります。

この女の子の精神状態が心配ですね。

 

35歳の男と15歳の女の子、小学6年生の女の子の3人でしばらく生活していたということになりますね。

とても異様ですね。

今後、生活実態についても調べる方針ということです。

 

 

事件現場

 

今回の事件現場は、栃木県小山市でした。

こちらになります。

 

スポンサーリンク
 

ネットの反応

 

最後に、ネットの反応についてこちらにまとめました。

 

『これが誘拐ではないと思っている犯人はアタオカと思う。

 早期の逮捕でよかった

 目立った外傷はないという表現が正直怖い。

 これから色んな検査を受けるだろうが

 なにも出ないことを祈りたい。

 そろそろパイプカットが必要。

 人権が加害者に偏り過ぎていると思う。

 GPSの埋め込みも今回を機に決定していいと思う。

 これ以上被害者を生ますなよ。

 これだけ精神にデンジャラスなポツンシャルを持った犯人はもう社会に出してはいけない。

 昭和から平成、インターネットのなかった時代から物事はけた違いに変わっている。

 しかし法律の根本姿勢は昭和を基盤としている。

 まったくついていけてないと思う。

『誘拐したつもりがないならスマホを取り上げる必要はない。

 良いように言ってるだけ。

 もし本当に誘拐したつもりがないなら病気。

 普通の人なら分かること』

『最初に監禁した少女を利用して、二人目三人目と企んでいたのは誰でも解る。

 拉致監禁の手段として計画的だし。

 最初の少女もなんらか騙して、外部との接触をさせないようにしていたはず。

 よく自力で逃げ出してくれたと思います。

 この男を簡単に外へ出してはいけない。

 絶対に再犯しますよ。

 再犯しない保証が出来ないなら、外へ出してはいけない。

伊藤容疑者は誘拐したつもりはないと容疑について否認していますが、だれがどうみても誘拐ですよね。

女の子が無事で何よりでしたが、心の傷の方が心配です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です