【飲酒運転】比嘉敦 顔写真は? 博多駅前で追突事故、アルコール基準値の5倍… 比嘉容疑者のFacebook、プロフィール紹介!

8月11日、福岡県博多駅前で酒をのんで運転し、別の車に追突したとして、博多区吉塚の会社員 比嘉敦容疑者(47)が逮捕されました。

比嘉敦容疑者の呼気からは、基準値の5倍を超えるアルコールが検知されています。

 

 

今回は、比嘉敦容疑者の顔写真やFacebook、飲酒運転の詳細、事件現場の情報について紹介していきます。

 

スポンサーリンク
 

 

事件の概要

出典:RKB毎日放送

 

2019年8月11日、福岡県博多駅前で酒をのんで運転し、別の車に追突したとして、博多区吉塚の会社員 比嘉敦容疑者(47)が逮捕されました。

 

 

事件の詳細は…

 きのう夜、博多駅前で酒を飲んで車を運転したとして会社員の47歳の男が逮捕されました。

 男は、別の車に追突する事故を起こしています。きのう午後7時ごろ、JR博多駅前の通称「住吉通り」で、軽乗用車が前の車に追突しました。

 追突された車を運転していた男性は、首や腰に痛みを訴えています。

 事故処理のために駆けつけた警察官が、軽乗用車を運転していた博多区吉塚に住む会社員・比嘉敦容疑者の呼気を調べたところ、基準の5倍を超えるアルコールが検出され、その場で現行犯逮捕しました。

 比嘉容疑者は、「朝方まで酒は飲んだが、飲酒運転をしたつもりはない」などと供述しているということです。

出典:RKB毎日放送

 

またも、飲酒運転…

なかなか無くなりませんね。

お盆で、お酒を飲む機会も増えるこの時期。

飲酒運転の逮捕者が続出していますね…

みなさんは、お酒を飲んだら運転しないようにしましょう。

 

 

 

 

比嘉敦 プロフィール

出典:RKB毎日放送

 

今回逮捕された、比嘉敦容疑者のプロフィールについてまとめてみました。

 

名前  比嘉 敦(ひが あつし)

年齢  47歳 逮捕時

職業  会社員

住所  福岡県博多区住吉

2019年8月11日、福岡県博多駅前で酒をのんで運転し、別の車に追突したとして逮捕。

当時、比嘉容疑者の呼気から、基準値の5倍を超えるアルコールが検知されています。

調べに対し比嘉容疑者は、「朝方まで酒は飲んだが、飲酒運転をしたつもりはない」と容疑を否認しています。

朝方まではお酒を飲んでいたということですから、当日の運転は控えた方がよかったですね…

 

また、こちらで比嘉容疑者のFacebookアカウントを検索したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておきますので、気になる方はこちらから検索してみてください。

→ 比嘉敦容疑者のFacebook検索結果はこちら。

 

こちらの内容は、分かり次第加筆させていただきます。

 

 

 

 

比嘉敦 顔写真は?

出典:RKB毎日放送

 

比嘉敦容疑者の顔写真についてですが、公開されているのでしょうか。

こちらで調査したところ、顔写真については紹介されていませんでした。

 

こちらの内容についても、分かり次第加筆させていただきます。

 

 

スポンサーリンク
 

アルコール検知、基準値の5倍超えとは?

出典:RKB毎日放送

 

今回の事件は、福岡県博多駅前で別の車に追突したことで、飲酒運転が発覚しました。

事故処理で駆け付けた警察官が、比嘉容疑者の呼気を調べたところ、基準値の5倍を超えるアルコールが検知され、その場で現行犯逮捕となりました。

 

ここで、アルコール検知の基準値について調べてみました。

そもそも飲酒運転には二種類あることをご存じですか?

飲酒運転は、大きく分けて、「酒気帯び運転」「酒酔い運転」の二種類があります。

酒気帯び運転とは、呼気 1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上検出された状態

酒酔い運転とは、まっすぐに歩けない、受け答えがおかしいなど客観的に見て酔っている状態

つまり、酒気帯び運転は、見た目にはわからないが、基準値以上のアルコールを摂取した状態での運転。

酒酔い運転は、見た目から確実に酔っ払っている状態での運転ということになります。

 

よって、呼気1リットル中のアルコール濃度0.15㎎がアルコール検知の基準値ということになります。

0.15㎎以上の反応が出ると、酒気帯び運転ということになります。

このアルコール濃度は、お酒に強い・弱いといった体質には依存しませんので、基準値を超えた時点で罰則ということになります。

 

今回比嘉容疑者からの呼気からは基準値の5倍以上が検知されたということですので、0.75㎎以上のアルコールが検知されたのでしょう。

そして、比嘉敦容疑者は、酒気帯び運転の疑いで逮捕されているため、客観的に見ると酔っているとは判断できなかったということになりますね。

 

比嘉容疑者は、「朝方まで酒は飲んだが、飲酒運転をしたつもりはない」と供述していますので、その日の午前中くらいまでは飲んでいたのでしょう。

アルコールが抜けきるスピードには個人差があるとのことですので、お酒を飲んだ日や、翌日の運転は控えた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

飲酒運転の処分

出典:RKB毎日放送

 

ここでは、飲酒運転による罰則、処分についてまとめてみました。

上で飲酒運転には2種類あることを紹介しましたが、罰則・処分はどのようになっているのでしょうか。

 

飲酒運転 アルコール濃度 罰則、処分
酒気帯び運転 0.15㎎以上0.25未満 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
13点、免停90日
0.25㎎以上 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
25点、免許取り消し、欠格期間2年
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
35点、免許取り消し、欠格期間3年

以上のようになっています。

 

以前に比べると罰則も厳しくなっているとはいっても、飲酒運転はなかなか無くなりませんね。

もっと厳しい罰則が必要なのでしょうか…

 

基本的に、お酒を飲んだら車を運転しないようにしましょう。

 

 

 

 

事件現場

 

今回の事件現場は、福岡県博多駅前でした。

こちらになります。

 

 

スポンサーリンク
 

まとめ

 

今回は、8月11日、福岡県博多駅前で酒をのんで運転し、別の車に追突したとして、博多区吉塚の会社員 比嘉敦容疑者(47)が逮捕された事件について紹介してきました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です