【長女殺害】萩潤子(ひろこ)の顔写真は? 無理心中を図ったか? 低酸素脳症とは? 萩容疑者のFacebook、プロフィール紹介!

10月2日、富山市の住宅で、長女の凛々ちゃん(6)を何らかの方法で低酸素脳症に陥らせ殺害した疑いで、母親で無職・萩潤子容疑者(36)が逮捕されました。

 

 

今回は、萩潤子容疑者の顔写真やFacebook、犯行動機、低酸素脳症、事件現場の情報について紹介していきます。

 

スポンサーリンク
 

 

事件の概要

 

2019年10月2日、富山市の住宅で、長女の凛々ちゃん(6)を何らかの方法で低酸素脳症に陥らせ殺害した疑いで、母親で無職・萩潤子容疑者(36)が逮捕されました。

 

事件の詳細は…

 富山市の住宅で、この家に住む6歳の女の子が死亡している状態で見つかった事件で、女の子の母親が逮捕されました。警察は無理心中を図ったとみて調べを進めています。

 殺人の疑いで逮捕されたのは、富山市の無職・萩潤子容疑者(36)です。萩容疑者は富山市の住宅で長女の凛々ちゃん(6)を何らかの方法で低酸素脳症に陥らせ殺害した疑いがもたれています。凛々ちゃんは2日午前5時55分ごろ、寝室で遺体で発見されました。

 警察の調べに対し、萩容疑者は「ビニール袋とガスのようなものを使って娘を殺した」と容疑を認めているということです。萩容疑者が通報段階で「自分も死のうと思った」と話していることから、警察は無理心中を図ったとみて調べを進めています。(02日18:52)

出典:JNN

またも無理心中でしょうか…

不幸なニュースは続きますね。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

萩潤子 プロフィール

今回逮捕された、萩潤子容疑者のプロフィールについてまとめてみました。

 

名前 萩潤子(はぎひろこ)

年齢 36歳 逮捕時

職業 無職

2019年10月2日、富山市の住宅で、長女の凛々ちゃん(6)を何らかの方法で低酸素脳症に陥らせ殺害した疑いで逮捕。

容疑については認め、自分も死のうと思ったと供述。

 

また、こちらで萩潤子容疑者のFacebookアカウントを検索したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておきますので、気になる方はこちらから検索してみてください。

→ 萩潤子容疑者のFacebook検索結果はこちら。

 

こちらの内容は、分かり次第加筆させていただきます。

 

スポンサーリンク
 

 

 

萩潤子 顔写真は?

萩潤子容疑者の顔写真についてですが、公開されているのでしょうか。

こちらで調査したところ、顔写真については紹介されていませんでした。

 

こちらの内容についても、分かり次第加筆させていただきます。

 

 

犯行動機は?

出典:JNN

6歳の娘を殺害したという今回の事件。

犯行動機は何だったのでしょうか?

 

萩潤子容疑者は、『自分も死のうと思った』供述していますので、無理心中を図ったのではないかということです。

 

先日も無理心中を図り、子どもだけを殺害したという同様の事件がありましたね。

生活が苦しかったのでしょうか。

もっと他の選択肢が無いがなかったのか悔やまれますね。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

低酸素脳症とは?

 

低酸素脳症とは…

脳の灌流低下や低酸素血症によって脳の全体的な障害がおこる状態である。周産期仮死の他、窒息、心停止、呼吸停止、重篤な不整脈、著明な血圧低下などによって起こる。

出典:Wikipedia

 

 

出典:JNN

萩容疑は、『ビニール袋ガスのようなものを使い殺した』と供述。

 

ビニール袋とガスのようなものを使ったということですので、脳に酸素が回らなくなったのでしょう。

とても苦しかったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

事件現場

 

今回の事件現場は、富山市でした。

こちらになります。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

ネットの反応

 

最後に、ネットの反応についてこちらにまとめました。

 

『あのね、小さな子供が毎日のように殺されてる

 追い詰められて思考能力停止してる親が多すぎる。児童はもちろん、未就学児でも夏休みでもないのに長期で休んだり、どこの園にも通ってないような子は何かしら家庭に問題があると思う。

 保育無償化なんてどうでもいいから、児相の職員増やしたり、新たな機関作ったりして、そういう子たちの命を救うことに税金を使ってもらいたい。なんかズレてるんだよね、安倍さんはじめ、上の人たちは。

『子供に少しは 愛情があったのでしょう。痛い思いを させなかっただけでも…。母親が子供を 殺める事件は 多いけど 中には 子供を 畳に叩きつけて 脳挫傷にさせる母親も いれば 子供を包丁で…という母親も いますから。』

どん底までいってしまったんだと思う。

 こうなってしまったらもう人の力を借りるしかない。

 日本では誰か力になってくれる人がいる。

 死を選んぶ前に、甘いと言われるかもしれないが子供の為にそれを選んで欲しかった。』

 

子どものことを考えて選んだ選択肢だったのでしょうが…

本当に胸が痛くなる事件ですね。

『死』を選んでほしくはなかったですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です