【あおり運転】藤田義彦の顔写真は? 工具で殴る⁈ トラブルの原因は? 藤田容疑者のFacebook、プロフィール紹介!

11月10日、先月、大阪府富田林市であおり運転をした上、相手の男性の頭を工具で殴った疑いで、会社員・藤田善彦容疑者(47)が逮捕されました。

またも煽り運転。

 

今回は、藤田義彦容疑者の顔写真やFacebook、犯行動機、事件現場の情報について紹介していきます。

 

スポンサーリンク
 

 

事件の概要

 

事件の詳細は…

 先月、大阪府富田林市であおり運転をした上、相手の男性の頭を工具で殴った疑いで47歳の男が逮捕されました。

 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは大阪府河内長野市の会社員(重機オペレーター)・藤田善彦容疑者(47)です。警察によると藤田容疑者は10月16日、大阪府富田林市新家で交差点を曲がろうとして他の車とトラブルになり、執拗に追うなどのあおり運転をしたとみられます。その後、藤田容疑者は約500メートル離れた路上で車から降り、長さ30センチほどの金属製の工具で相手の男性(41)の頭を殴った疑いが持たれています。男性は頭や手に全治3週間ほどのけがをしました。調べに対し藤田容疑者は、トラブルになったことは認めたものの、「工具で頭を殴っていない」と容疑を否認しています。

出典:関西テレビ

 

またも煽り運転ですね。

さらに今回は、相手を工具で殴っています。

なぜそこまでキレてしまうのでしょうか…

とても信じられないですね。

 

スポンサーリンク
 

藤田義彦 プロフィール

出典:関西テレビ

今回逮捕された、藤田義彦容疑者のプロフィールについてまとめてみました。

 

名前 藤田 義彦(ふじた よしひこ)

年齢 47歳 逮捕時

住所 大阪府河内長野市

職業 会社員(重機オペレーター)

2019年11月10日、先月、大阪府富田林市であおり運転をした上、相手の男性の頭を工具で殴った疑いで逮捕。

容疑については、一部否認しています。

 

また、こちらで藤田義彦容疑者のFacebookアカウントを検索したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。

そこで今回はFacebookの検索結果だけ紹介しておきますので、気になる方はこちらから検索してみてください。

→ 藤田義彦容疑者のFacebook検索結果はこちら。

 

こちらの内容は、分かり次第加筆させていただきます。

 

スポンサーリンク
 

藤田義彦 顔写真は?

藤田義彦容疑者の顔写真についてですが、公開されているのでしょうか。

こちらで調査したところ、顔写真については紹介されていませんでした

 

こちらの内容についても、分かり次第加筆させていただきます。

 

 

犯行動機は?

出典:関西テレビ

煽り運転の末、相手を工具で殴ったという今回の事件。

 

犯行動機はというと…

今回は、交差点でのトラブルが原因みたいですね。

藤田容疑者が交差点を曲がろうとした際、他の車とトラブルになったということです。

その後、執拗に追うなどのあおり運転をし、約500メートル離れた路上で車から降り、長さ30センチほどの金属製の工具で相手の男性の頭を殴ったということです。

 

しかし、そこまでするほどのことだったのでしょうか。

もっと冷静に運転してほしいですよね。

 

スポンサーリンク
 

あおり運転厳罰化?

出典:関西テレビ

先日、あおり運転の厳罰化が発表されました。

 

悪質な煽り運転を行ったドライバーの免許を取り消すことができるようになるというものでした。

これは、2020年に提出予定の道路交通法改定案策定の基本方針であるということです。

 

このような悪質なドライバーがまた運転することを考えたらとても怖いですよね。

早く適用されることで、あおり運転がなくなることを願いたいです。

 

 

事件現場

 

今回の事件現場は、大阪府富田林市新家でした。

こちらになります。

 

スポンサーリンク
 

ネットの反応

 

最後に、ネットの反応についてこちらにまとめました。

 

運転免許取り消して、二度と免許を与えないで下さい刑務所行きでいいと思います、煽り運転の刑罰をもっと重くしてもいいと思うけど。

『世間でこれだけ騒がれて逮捕者も出てるのに、どうして次から次へと出てくるのか不思議で仕方ない。学習しないのか?

 会社員と書いてあるが 普通の会社員がこんなことするか?』

『そもそも煽り運転は自分が免許取った30年前にはすでにあったよ。近年、社会的に弱者を救済するような流れになったりドライブレコーダー等が普及してきたから更に注目度が増して認知されたけど、問題は飲酒運転もそうだがいくら厳罰しても違反者が後をたたないのが現状だろう。この世から酒や車がなくならない限りは0にはならないのだろうか?クルマの先進技術が発達して安全性は向上しているのに、人間自身の意志やコントロールで防げる筈の過失事故や事件が増えてるのは高齢者ドライバーの身体的なハンデあるにも関わらず運転して事故を起こす例も含めて残念な限りだ。

 

交通トラブルは尽きませんね…

いち早くあおり運転の厳罰化が適用され、悪質なドライバーがいなくなることを願いたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です