【緊急会見】宮迫さん、亮さん会見の内容は? 闇営業って何? 今回の騒動について紹介

7月23日、宮迫さんと亮さんによる、2時間33分に渡る緊急会見が行われました。

会見では、反社会勢力の会合に出演したことや、当初嘘をついていたことについて謝罪しました。

 

 

ここでは、会見の内容、今回の騒動、闇営業について紹介します。

 

スポンサーリンク
 

緊急会見

引用:https://bunshun.jp

7月23日午後3時すぎ、宮迫さんと亮さんによる、2時間33分に渡る緊急会見が行われました。

二人は、振り込め詐欺グループの宴会に出席して現金を受け取るなどの問題について謝罪しました

会見は、吉本興業が関わらない形で行われ、2人は黒のスーツ姿で登場し、冒頭、深々と頭を下げました。

 

 

 

 

会見の内容

引用:https://www.sponichi.co.jp

宮迫さんは、詐欺の被害者の方々、ご家族、親族の方々に謝罪の言葉を口にし、再び頭を下げました

さらに、世間や応援してくれている方々、また関係者の方々、今回の騒動で不快に思っている全ての方に謝罪しました

田村さんも、自分の口からもちゃんと謝罪を伝えたいと、宮迫さん同様謝罪しました。

 

宮迫さんは、当初金銭を受け取っていなかったと吉本興業に虚偽の報告をしたことにも触れ、自身の保身からうそをつき今回の騒動の全責任全ての責任は自身にあると述べました。

詐欺グループから金銭を受け取ったことを当初否定していたことについて宮迫さんは、自身の身勝手な解釈によるものだとしました。

その後、直接やり取りをしていたとされる入江さんが解雇されたと聞き、事の重大さに気づき会見を開いたほうがいいと会社に要望したということ。

しかし、会社からの回答は、”静観です”と。

その後、6月24日、急に会社に呼ばれ、全員謹慎だと伝えられたという。

その際、田村さんが記者会見をやらせてほしいと主張したが、吉本興業の岡本社長から、テープ回してないかと確認されたという。

そして、亮さんに辞めてひとりで会見してもいいが、そしたら全員連帯責任でクビにする、全員クビにする力があると言われ、全員なにも言えなくなったと話しました。

 

引退について宮迫さんは、何度も引退については考えたが、今は引退ということは考えられないと話しました。

今後の活動については、二人とも今後のことは考えることができないとしました

会見の模様は、一部ネットメディアでも生配信されました。

 

スポンサーリンク
 

 

今回の騒動

一連の問題の発端は、2014年12月、宮迫さんら吉本興業のタレント11人が振り込め詐欺グループの宴会に会社を通さずに参加したこと。

宮迫さんらは詐欺グループの集まりとは知らなかったということです。

当初、宮迫さんらは金銭の受け取りについては否定しており、吉本興業は厳重注意にとどめていたが、その後の調査で宮迫さんは100万円亮さんは50万円など全員が金銭を受け取っていたと確認、11人を当面の間、謹慎処分にすると発表しました。

 

宮迫さんは、吉本興業を通して、金銭の受領について反省のコメントを出していました。

宮迫さんについては、7月19日、吉本興業が、宮迫さんとの契約解消を発表しています。

これを受けて、今回の会見ということになります。

 

 

 

 

闇営業とは

今回の騒動は、2014年、多数の芸人が反社会的勢力のパーティーに出演していた「闇営業」問題。

そもそも闇営業とは、事務所に所属している芸人が、事務所を通さずに行う営業を意味する芸人用語。

営業の中身が何であれ、例えば夏祭りや結婚式といったものでも事務所を通していなければ闇営業ということになります。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ

今回は、宮迫さんと田村さんの緊急会見、今回の騒動、闇営業について紹介しました。

この会見を受け、吉本興業の動きが気になるところです。

宮迫さん、田村さんにまた現在謹慎中の芸人さんついては、また笑顔でテレビに戻ってきてほしいものです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です