【アポロ11号】月面着陸50周年記念でARアプリ公開! アプリの内容は?

アポロ11号が月面着陸を果たしたのは、1969年7月20日。

今年2019年で、アポロ11号の月面着陸から50年を迎えます

そこで米TIMEは、アポロ11号の月面着陸50周年を記念して、アポロ11号の月面着陸を追体験できるARアプリを公開しました。

 

 

ここでは、ARアプリの内容、さらにはアポロ11号について紹介していきたます。

 

スポンサーリンク
 

 

ARアプリ公開

引用:https://japanese.engadget.com

米TIMEは、アポロ11号の月面着陸50周年を記念して、ARアプリを公開しました。

このアプリは月面着陸を追体験できるとのことです。

 

アプリの名前は、「TIME Immersive Landing on the Moon」。

AndroidiOSで利用できます。

 

Googleもアポロ11号の月面着陸50周年記念に、Doodlesを公開しています。

 

 

 

アプリの詳細

ARアプリ「TIME Immersive Landing on the Moon」。

簡単に言うと、月面着陸のシミュレーションアプリ

 

このアプリでは

・アポロ11号の月面着陸を眺める

着陸船内部の様子

・ニール・アームストロング宇宙飛行士の傍に立ち、星条旗を眺める

・月着陸船、飛行経路の再現

といった体験ができます。

 

アプリの中で出てくる月面の風景は、2009年に打ち上げられたNASAの月周回衛星が収集したデータが利用されていて、世界で最も正確な3Dの月面着陸シミュレーションだということです。

このアプリは、スミソニアン国立航空宇宙博物館とVFX制作会社インダストリアル・ライト&マジックの協力で作成されました。

 

スポンサーリンク
 

 

 

アポロ11号

引用:https://ja.wikipedia.org

アポロ11号とは、1969年7月20日に人類初の月面着陸を成功させた宇宙飛行船のことです。

アポロ11号は、7月16日13時32分(UTC)、フロリダ州メリット島ケネディ宇宙センターから打ち上げられました

この打ち上げは、NASAのアポロ計画の5度目の有人ミッションとなりました。

アポロ宇宙船は、司令船部分機械船部分月着陸船部分の3部分から構成。

アポロ11号は、3人を乗せて、世界で初めて月に行きました。

そこに乗っていたのは、アメリカ人のニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン月着陸船操縦士、マイケル・コリンズ司令船操縦士。

打ち上げから3日間かけて月軌道に入りました

1969年7月20日20時17分(UTC=協定世界時)、アポロ月着陸船「イーグル」号を月に着陸させました。

アームストロング船長は、7月21日の2時56分15秒(UTC)に月面に降り立った”最初の人”となり、その19分後にオルドリン操縦士が続きました。

2人は約2時間15分を船外で過ごしました。

2人が月面にいる間、マイケル・コリンズ司令船操縦士は月周回軌道上で司令船「コロンビア」号を飛行させていました。

3人は8日間以上の宇宙飛行を終えて、7月24日、無事に地球に帰還しました。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

ここでは、アポロ11号の月面着陸の50周年を記念して公開されたARアプリ、アポロ11号について紹介しました。

今から50年前に、人間は月に行ったんですね。

今後の宇宙開発にも期待したいです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です